> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
リコール シャープの両開き式冷蔵庫97万台 扉が落下(毎日新聞)
 経済産業省と消費者庁は26日、シャープ製の左右両開き式冷蔵庫の扉が落下して、けがをする事故が4件あったと発表した。うち1件は足を骨折し重傷。同社は対象製品約97万台についてリコール(無償点検・部品交換)を実施する。

 経産省と同社によると、昨年6月、茨城県で50代の女性が上側の冷蔵室の扉を開閉したところ、扉が外れて女性の右足の上に落ち骨折した。ほかにも同様の事故で3人が足などに軽傷を負った。ちょうつがい部分にガラス瓶など硬い物が挟まった状態で扉を閉めたため、扉の開閉部に余計な力が加わり、破損したとみられる。

 対象製品は、96年12月〜01年8月に製造された「SJ−WA35C−C/H」や「SJ−WE38A−G/H」など48機種。問い合わせは同社(0120・404・511)。【奥山智己】

【関連ニュース】
シャープ:4色カラーフィルター液晶テレビ発売 世界初
シャープ:世界初の「4原色」TV 黄色フィルター搭載
シャープ(6753) 液晶の競争力増大。(シティグループ証券)
シャープ(6753) 太陽発電やLED照明への期待が高まる。(東海東京調査センター)
NTTドコモ:「新ドコモ宣言」 価値観、生活に合わせた22機種発表 「PRIME」など4シリーズに

17歳里見先勝!三間飛車研究が実った…女流名人位戦第1局(スポーツ報知)
桜開花、平年より早め=ウェザーマップ、初の発表(時事通信)
<介護従事者>介護報酬改定で給与増と厚労省 疑問の声も (毎日新聞)
「食べるの遅い」と暴行=長男死亡、容疑で両親逮捕−警視庁(時事通信)
雑記帳 節分お水汲み祭りをPR 大阪・北新地の芸者さん(毎日新聞)
[PR]
by wpyu2tfjtm | 2010-01-30 23:39
二の腕、ふくらはぎつまむ 神奈川県職員を停職1カ月(産経新聞)
 神奈川県は21日、同僚の女性職員にセクハラ行為をしたとして、総務部の男性非常勤職員(65)を停職1カ月の懲戒処分にした。

 県によると、男性は昨年7月ごろから9月中旬ごろにかけ、同じ業務に従事する女性の二の腕やふくらはぎをつまむように触ったり、手の甲に手を重ねたりする行為をそれぞれ5、6回繰り返すなどした。

 9月17日に女性が上司に訴えて発覚。男性は事実関係を認めているという。

【関連記事】
セクハラで娘自殺、両親がリゾート施設に賠償求め提訴
キャバ嬢の悩み赤裸々に 労組立ち上げの背景
手足を縛り…実習の短大生にセクハラ 知的障害者施設の職員停職
三重県職員が共有ソフトでガンダム違法公開、容疑で逮捕
上司の印鑑を勝手に 神奈川県職員を減給「作成遅れて…」

<警報・注意報>気象庁、5月27日から市区町村単位で発表(毎日新聞)
関東大震災、朝鮮人虐殺の犠牲者 授業で根拠ない「6600人」 日教組教研集会(産経新聞)
<恐喝容疑>書籍の強引販売で出版社強制捜査へ 岡山県警(毎日新聞)
覚せい剤密売で組幹部逮捕=ロッカーやごみ箱に隠す−大阪府警(時事通信)
<円卓会議>政府が初会合 「新しい公共」の概念深める(毎日新聞)
[PR]
by wpyu2tfjtm | 2010-01-29 15:13
読む+遊ぶ+使う=売れる ムック本「付録」進化中 たいやき・遺言書…(産経新聞)
 ムック(雑誌型単行本)の付録が“進化”し続けている。バッグやポーチなどブランドグッズの付録の人気を受け、最近では調理キットの子供向け玩具「親子のたいやきくんお楽しみBOOK」(宝島社)や遺言書の付いた「遺言書特別パッケージ」(ダイヤモンド社)まで発売。出版物の推定販売額が21年ぶりに2兆円を割り込むなど、出版業界に吹き荒れる不況を跳ね返そうと新しい方向性を探る動きが活発化している。(田野陽子)

 ◆2万部を突破

 大阪・梅田の紀伊国屋書店のショーウインドーには、「親子のたいやきくんお楽しみBOOK」がずらりと並ぶ。もちろん店内では出入り口のすぐ近くに置かれ、ベストセラーに匹敵する扱いだ。

 この本はA4判で専用ボックスには、タカラトミーが監修したたいやきの型が収納され、市販のホットケーキミックスを型に注いで電子レンジで加熱するだけで簡単に焼き上がる。レシピも掲載。たいやきのほか、「いちごショート風」などのバリエーション、「カレー風」「ツナマヨ」といったおかずへの転用のアイデアも掲載した。昨年12月に発売され、全国の書店からの申し込み数は2万部を突破した。

 同店では「反応は上々。たいやきくんは子供や若いお母さんだけでなく、祖父母からのプレゼントとしても手応えがある」と説明する。

 ◆中高年も照準 

 今月13日には「遺言書特別パッケージ」も発売され、50歳代以上の男女を中心に早くも注目を集めている。週刊ダイヤモンドの責任編集で、書き込み式の遺言書シートや財産リストなど誰でも遺言書がすぐに作れるキットが、雑誌に付録として付く。キットには長期保存用の台紙や封印のある封筒などもセットされている。

 韓国のアイドルユニット「東方神起」の輸入版写真集を独自に調達して付録にしたもの(完売済み)や、手ぬぐいや家紋シールなどを付けた「RYOMA GRAPHICS〜坂本龍馬と生きた幕末の100人」なども相次いで出され、価格も大半が2千円前後と手ごろ。

 ◆書店活性化に 

 書籍・雑誌の販売総額が下降線をたどる出版不況で老舗雑誌の休刊や、書店の廃業が相次ぐなか、これまで若い女性に人気だったブランドムックがさらに進化を続け、多様化、大型化している。取り次ぎ大手のトーハン(東京都新宿区)が出版社と共同で企画段階から販売までを一貫してプロデュースする「業界初の販売モデル」で書店のマージンも高く設定。通常の雑誌の場合、20%強だが40〜50%と設定しているため、書店も販売に力が入る。

 出版科学研究所(東京都新宿区)の佐々木利春・主任研究員は「今や付録付きムックは書店や出版社にとっても『お客さんを呼べる』魅力的な商品であるという認識が強くなっている。書店の活性化にもつながる」と話している。

【関連記事】
ネットで全文無料公開の本「フリー」好調 有料版移行で収益 自身の理論“証明”
出版物の推定販売額、2兆円割れが確定
価格の70%を著者らに配分 米アマゾン、電子書籍で
雑誌100タイトル配信 不況打開へ実験サイト開設
電子書籍、iPhoneで読めます モリサワが携帯向け閲覧ソフト

<振り込め詐欺>日中混成グループが暗躍 警官名名乗り(毎日新聞)
水俣病未認定訴訟、和解勧告へ=原告と国、主張隔たり−今後の協議難航も・熊本地裁(時事通信)
代替不可能な遺伝子にも代役=iPS細胞作製法、マウスで成功−シンガポール(時事通信)
中絶率 佐賀県が最高 08年度調査 熊本、福岡も高水準(西日本新聞)
「崖っぷち自民」党大会 進次?と美人市議でPR(J-CASTニュース)
[PR]
by wpyu2tfjtm | 2010-01-28 13:27
入院患者の身体拘束 病院の措置は「合法」 患者側逆転敗訴 最高裁判決(産経新聞)
 愛知県一宮市内の病院に入院した女性=当時(80)=が、身体拘束で苦痛を受けたとして、病院側に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(近藤崇晴裁判長)は26日、「拘束は緊急でやむを得ない行為だった」などとして、身体拘束の違法性を認めて病院側に賠償を命じた女性側逆転勝訴の2審判決を破棄、女性側控訴を棄却した。拘束は正当とした1審判決が確定した。

 同小法廷は「身体拘束以外に女性の転倒などを防ぐ適切な方法はなく、拘束時間も必要最小限だった」と指摘。「患者の身体抑制はやむを得ない場合にのみ許されるが、病院のとった拘束は緊急でやむを得ず、違法ではない」と判断した。患者の身体拘束の違法性が争われた裁判で最高裁が判断するのは初めて。

 身体拘束をめぐっては、精神病院には特例が認められているが、一般病院には拘束を認める根拠となる法令はない。厚生労働省は平成13年、高齢者ケアのための「身体拘束ゼロの手引き」を作成し、例外的に許される基準として、危険が差し迫っていることや、ほかの手段がないことを挙げた。一方、逆に拘束しなかったために転落や転倒で負傷したなどと主張し、患者や家族が医療機関に損害賠償を求めるケースもある。

 1、2審判決などによると、女性は同市内の一宮西病院に入院中だった平成15年11月15日夜から翌朝、ナースコールを繰り返し、大声を出すなどした。このため、看護師はミトン(手袋のような抑制具)を使って女性をベッドに拘束した。女性はミトンを外そうとして負傷した。女性は1審途中で死亡したため、遺族が訴訟を受け継いでいた。

 1審名古屋地裁一宮支部は不必要な身体拘束は避けるべきだとしながらも、拘束は、生命や身体に切迫した危険があったからだと認定。方法も必要最小限だったとし、合法と判断した。

 これに対して2審名古屋高裁は「患者を拘束して身体的自由を奪うことは原則として違法」と指摘。身体の危険が差し迫っていたわけではなく、看護師らが適切に対応するなど、ほかの手段がなかったわけでもないとして、拘束は違法と結論づけ、病院側に計70万円の支払いを命じていた。

【関連記事】
院内感染で兵庫県が過失認め和解 遺族に約2300万円支払う
医療過誤 水俣市が1千万円支払いで和解へ
「再度手術すれば生存」日赤に4千万円賠償命令
帝王切開後のミス認定 岐阜県に8400万円賠償命令
乳房切除で説明不足 日赤に220万円賠償命令 津地裁

4億円不記載 「大久保容疑者が了承」 石川容疑者ら供述 寄付偽装も報告(産経新聞)
交通事故 京都市バスが電柱に衝突 乗客ら8人がけが(毎日新聞)
「勘弁してください」泣いて“自白”してしまう菅家さん 足利再審 (産経新聞)
自殺・うつ対策PT 3月に中間対策案(産経新聞)
仙谷担当相が変節 本音は小沢氏の辞任求めたい?(産経新聞)
[PR]
by wpyu2tfjtm | 2010-01-26 18:17
<新型インフル>成人向けワクチン接種、都が18日から開始(毎日新聞)
 東京都は18日、19〜64歳の健康成人向けの新型インフルエンザワクチンの接種を約半月前倒しして同日から開始すると発表した。この日から希望者全員が接種を受けられる。

 厚生労働省のスケジュールでは健康成人向けの接種開始は2月上旬から中旬になる見込みだったが、都は既に供給量が十分あるなどとして前倒しすることにした。

【関連ニュース】
始業式:都内の小中学校で 新型インフルの影響も
冬休み:新型インフルで短縮も
新型インフル:「殺到」など課題も 輸入ワクチン承認
9月号
9月号

バイク集団追跡のパトカー衝突、高校生2人重傷(読売新聞)
小沢氏、午後に聴取=都内で4時間予定−「認識」「原資」焦点に・東京地検(時事通信)
実篤バレンタインチョコ限定販売(産経新聞)
<窃盗>ヴィトン、900万円相当盗まれる 大阪で早朝(毎日新聞)
「石川容疑者が起訴されないことを望む」…首相(読売新聞)
[PR]
by wpyu2tfjtm | 2010-01-25 20:05
JR遮断棒折れ3.2万人影響(産経新聞)
 22日午前7時25分ごろ、京都府精華町祝園のJR片町線祝園駅そばにある踏切の遮断棒が折れているのを同駅員が発見した。また、約15分後には、大阪府大東市深野の同線野崎−住道間の踏切でも遮断棒が降りたままになるトラブルがあった。このためJR西日本によると、上下計19本が運休、20本が最大18分遅れ、約3万2千人に影響した。

【関連記事】
遮断棒折れ2万人影響 京都のJR東海道線
遮断棒折れ、2.5万人影響 JR阪和線
JR阪和線、遮断棒折れ2万人超に影響
大阪のJR線、またまた遮断棒折れ遅れ4万人影響
踏切の遮断棒折れ7000人に影響 大阪・高槻のJR東海道線

<三豊市長選>横山忠始氏が無投票で再選(毎日新聞)
高速炉「常陽」でぼや=外部への影響なし−原子力機構(時事通信)
センター試験 東武線事故で5会場一部繰り下げ(産経新聞)
大雪で北海道の8会場で試験繰り下げ センター試験(産経新聞)
海自艦に撤収命令、インド洋給油活動終結へ(読売新聞)
[PR]
by wpyu2tfjtm | 2010-01-24 07:25
<交通事故>車衝突、コンビニに突っ込む 愛知で5人軽傷(毎日新聞)
 20日午前7時55分ごろ、愛知県瀬戸市汗干町のコンビニエンスストア「ファミリーマート瀬戸汗干町店」前の市道で、駐車場に入ろうとした同市の女性(64)の乗用車が、歩道を走ってきた高校1年の男子生徒(16)の自転車にぶつかった。女性が車をバックさせたところ、後続の乗用車に衝突。女性の車はその後、前進してコンビニ店内へ車体半分を突っ込んだところで停止した。女性と男子生徒、後続車を運転していた女性(31)と同乗していた幼児2人の計5人が軽傷。

 同県警瀬戸署によると、市道は片側1車線で工事のため交互通行中だった。店内は2〜3人の客がいたが、けがはなかった。同署は女性から当時の状況について事情を聴いている。【中村かさね】

【関連ニュース】
交通事故:大学生はねられ死亡 横浜
衝突事故:バイクの高校生ら死傷 東京・江戸川
交通事故:降雪でスリップ パトカーなど5台追突 飛騨
交通事故:自転車の高2、車にはねられ死亡 愛知・豊川
ひき逃げ死:救助男性の目前に後続車 福島・いわき

再診料引き下げ阻止などを小沢幹事長に提言―民主議連(医療介護CBニュース)
元女性職員に逆転無罪=証言の信用性否定−福岡高裁(時事通信)
<安保50年>米軍の抑止力強調 首相談話、普天間に触れず(毎日新聞)
戸建てなど10棟焼く、1人軽傷=ストーカー殺人の被害宅も−東京(時事通信)
<海上自衛隊>インド洋での給油活動が終了(毎日新聞)
[PR]
by wpyu2tfjtm | 2010-01-23 09:12
「魚秀」が所得隠し1.2億円 ウナギ産地偽装の工作費(産経新聞)
 中国産ウナギの産地偽装事件で当時の社長らが有罪判決を受けた水産物輸入会社「魚秀」(大阪市中央区)が大阪国税局の税務調査を受け、平成21年3月期までの2年間で、所得1億2千万円の申告漏れを指摘されていたことが分かった。ほぼ全額が所得隠しと認定された。偽装工作に支出した謝礼や報酬が対象で、重加算税を含め数千万円を追徴課税されたもようだ。

 関係者によると、魚秀は中国産ウナギを「三河一色産」と偽装するための謝礼や報酬の名目で、魚秀と水産物卸売会社「神港魚類」(神戸市)の取引仲介に協力した東京の商社2社に約4千万円、偽装ウナギを買い取った神港魚類の担当課長に1千万円、箱の詰め替え作業を担当した高松市の水産加工会社元専務に1億円をそれぞれ渡していた。

 国税局は、商社2社と担当課長に渡した計5千万円は、全額が不正行為に関係する費用で損金算入できないと指摘。元専務に渡した1億円についても、詰め替え作業の人件費など一部を除き同様に損金算入を認めず、所得隠しと判断した。

 魚秀は「税務調査を受けたのは事実。国税当局の指摘に従って修正申告した」としている。

 一連の事件では、魚秀の当時の社長らが兵庫、徳島両県警に逮捕され、不正競争防止法違反罪で起訴された5人に対して昨年4月、神戸地裁で有罪判決が言い渡された。

【関連記事】
「借りたカネは返すな!」著者ら所得隠し指南容疑で逮捕 さいたま地検
ミサワホーム創業者ら8億円所得隠し 追徴3億円
名古屋の建設会社が2億9千万円所得隠し 工事代金を水増し請求
高騰の金、売却益1億6千万円隠す 不動産会社社長を告発
明治神宮が1億円申告漏れ 飲食費を別費目から捻出

ハイチ大地震 日本の専門料理店で募金 客から支援の声(毎日新聞)
<松下参院議員>自民に入党…参院選公認候補へ(毎日新聞)
iPS細胞の誕生過程撮影=メカニズム解明に前進−作成効率向上へ貢献期待・放医研(時事通信)
<センター試験>踏切事故で長野で開始遅れ(毎日新聞)
コーヒー飲み、受験に全力投球(産経新聞)
[PR]
by wpyu2tfjtm | 2010-01-22 13:51